ハイフレッシュ ロゴマーク

ケイ酸&ミネラルのWパワー、健康でイキイキ!

水やり・液肥・種子や球根のコーティング・挿し芽処理・ジャガイモなど種イモの切り口保護・定植や植替え時の植え傷み防止など、様々な場面で活躍! あらゆる植物に使えます。上澄み液はスプレー(葉面散布)にも使えます。

ハイフレッシュ 200g ボトルハイフレッシュ中身

水やりや液肥でハイフレッシュを溶かして水4リットル当りティースプーン1杯のハイフレッシュを溶いて、活力材として日頃の水やりがわりに与えると、ケイ酸とミネラル補給ができ、健康な植物になります。(ミネラル補給)

鉢土のトリートメントにハイフレッシュ弱った株や花つきの悪い鉢植えなどには、ハイフレッシュの粉末をティースプーン1杯、鉢の表面に置き、水やりしてゆっくりしみ込ませます。土壌環境を改善し、植物に活力を与え、弱った植物を回復へと導きます。(即効的に植物の勢いを回復)

ハイフレッシュを液肥といっしょに溶かすと、液肥の持続力をアップし、また、臭いを吸着・除去します。(肥効調節・リン酸の肥効向上・有機質の液肥の脱臭)

ハイフレッシュを溶いた水溶液(しばらく静置した透明な上澄み液)をスプレーで葉面散布することにより、葉や茎からケイ酸とミネラルを直接補給できます。珪酸塩白土は植物に即効的に作用し、植物の光合成を促進して健康な植物体にさせ、病害虫への抵抗力を強化します。(光合成の促進・病害虫忌避)

植物の根にハイフレッシュをまぶして定植・植替えなど植物の植付けの時、ハイフレッシュの粉末を根にまぶすと、根を保護して植え傷みを防ぎます。また、活力を与えることで植付け後の生育を促進します。(根の保護と活着促進)

播種の前に種子を水に浸けて吸わせます (=催芽処理)。種子が膨らみ、または発芽しかけたら、種子全体にハイフレッシュを薄くまぶしてから播種します。(発芽率・苗立の向上)

球根の植付け時に、球根を水洗いした直後、ハイフレッシュを全体にまぶしておきます。(腐敗防止・発根促進)

挿し木・挿し芽では、切り口にハイフレッシュを粉衣します。(切り口保護・発根促進)

挿し芽の切り口処理にハイフレッシュハイフレッシュが植物の切り口を保護

商品名

容量

標準小売価格(税抜価格)

 ハイフレッシュ

200g

¥ 700

ハイフレッシュの成分分析結果はこちらをご覧ください。]

Page Top
サイトマップ 個人情報保護に関する規定 お問合せ
Copyright (c) 2009 Softsilica Co. Ltd. All rights reserved. サイトコンテンツの転訳載には許諾が必要です。