試験データ
イチゴ
枝豆(大豆)
白 菜
甘 藷
薬害軽減
ガス吸着
白菜に対する「ソフトシリカ」施用試験成績

園試第 96号 昭和52年3月25日 宮城県園芸試験場


1.担__

栽培部そさい科_和泉 四郎・鈴木 信隆

2.目__

野菜に対するソフトシリカの効果を検討する。

3.試験方法

_(1) 実施場所:宮城県園試内ほ場
_(2) 供試作物及び品種:結球白菜、オリンピア
_(3) 試験区

内容(施用量) 10a当り 備考
1 無施用 0kg 各区とも堆肥 4t 施用
2 ソフトシリカ 200kg

_(4) 耕種条件

播種期:昭和52年8月10日
栽培密度:畦巾80cm、株間50cm
施肥量:N 2.5kg / P2O5 2.0kg / K2O 2.3kg(アール当り成分量)

4.結果及び考察

_(1) 8月の記録的な長雨、低温、日照不足で初期生育は各区ともよくなかった。不結球株率は無処理が多く、ソフトシリカ施用区はやや少なく、200kg区が最も少なかった。

_(2) 収量:10アール当り200kg施用区が無処理区に対してかなり高く、22.22%増となっている。

_(3) 貯蔵中の減量歩合と乾物率及び糖度:ソフトシリカの施用量を増す程減量が少なく、乾物率、 糖度は増す傾向にある。 (50kg区、100kg区、200kg区)

_(4) 以上の結果、ソフトシリカは施用量が多い程生育・収量が優れ、貯蔵中の減量の程度がゆるやかで、糖度が高かった。

_(5) 分析結果では跡地土壌のCECはソフトシリカの増施に伴い高まる傾向がみられた。

5.主要な試験データ

第1表 播種後30日の生育(9月10日)
項目

区名

開帳巾cm 葉数(枚)
最大葉
葉長cm 葉巾cm 葉長x葉巾cm2
無 処 理 区 31.1 13.4 16.4 9.9 162.4
ソフトシリカ200kg区 31.7 13.5 16.9 10.6 179.2

第2表 収量調査(11月28日)
項目

区名

収量 1個 a当り
平均重
(kg)
球径 不結球株
個数
(個)
全重
(kg)
調整重
(kg)
平均重
(g)
タテ
(cm)
ヨコ
(cm)
無 処 理 区 25 76.5 45.0 1,800 225.0 21.6 14.8 15
ソフトシリカ200kg区 33 96.0 55.0 1,681 275.0 22.2 14.4 5

第3表 乾物率と糖度
項目

区名

乾物率(%) 糖度(度)
無 処 理 区 8.36 4.0
ソフトシリカ200kg区 9.58 5.4

糖度:屈折糖度計による

第4表 葉の分析値(乾物%)
項目

区名

N P2O5 K2O CaO Mg
無処理区 3.39 0.32 2.54 2.94 0.54
ソフトシリカ 200kg区 3.24 0.31 2.57 2.38 0.64


第1図 貯蔵中の減量指数と平均気温
第1図

貯蔵中の減量指数

_1)本比較試験に当って留意すべき事は、無処理区およびソフトシリカ施用区(試験区)ともに10アー ル当り堆肥4tを投入していることである。 このような堆肥の「多量投入」を念頭においてこの成績書を吟味して下さい。

_2)一般に化学肥料のみを単用した場合(堆肥投入量が僅少の時)では、ソフトシリカの施用効果が 増大してくる。

_3)乾物率と糖度差(第3表)についても堆肥不足(化学肥料偏重)の場合ほどソフトシリカ区との格差が、一段と増大する事が認められている。

_4)乾物率と減量指数(第1図)を検討すると、堆肥不足では一段と低下傾向を見せるようです。窒素過剰と水太りと思われます。

_5)ソフトシリカ施用区の各作物に共通して認められるのは、出荷先の市場での日保ちが良い、味覚が良いと評価され価格も好条件で取引されております。

Page Top
サイトマップ 個人情報保護に関する規定 お問合せ
Copyright (c) 2009 Softsilica Co. Ltd. All rights reserved. サイトコンテンツの転訳載には許諾が必要です。