試験データ
イチゴ
枝豆(大豆)
白 菜
甘 藷
薬害軽減
ガス吸着
リフレッシュによる薬害軽減試験


1.目__

殺菌剤散布時本剤を混用する事により、薬害の出やすい作物にも使用が可能で、しかも農薬主剤の濃度を下げても効果が変わらないという、そこで薬害の出やすいサトイモを使って検討し、茎頂栽培サトイモ栽培上の資料にしたい。

2.試験期間

昭和63年9月12日〜14日


3.試験方法

_1)供試作物:サトイモ「石川早生」
_2)試験区:9号ガラス室内
_3)規模:9号キク鉢 3株植付 1区1鉢
_4)供試薬剤:成績書の通り散布濃度を通常の2倍とし、薬害の出やすい高濃度とした。
_5)散布月日:9月12日 温室32〜34°C 電動噴霧器(7リットル用)使用、1鉢約500mlを葉の表裏に十分散布した。
_6)調 査:9月14日 生葉全葉(6〜10枚)について(0、微、小、中、多)の5段階に分け、被害度を算出した。


4.調査結果

リフレッシュ混合有無 (1,000倍)

供試薬剤濃度

被害度
混合区 無混合区
ニッソランV乳剤(ヘキシチアゾクス5%,DDVP50%)
500倍
40.0 50.0
ニッソラン水和剤(ヘキシチアゾクス10%)
1,000
31.4 32.0
アリルメート乳剤(エチオフエンカルブ50%)
500倍
55.0 60.0
Zボルドー(塩基性硫酸銅58%,他亜鉛等)
250倍
5.7 70.0
ケルセン乳剤(ケルセン40%)
500倍
46.7 96.7


5.調査結果

リフレッシュ混用の薬害軽減効果は、Zボルドー及びケルセン乳剤で顕著であったが、ニッソランV乳剤では僅かであり、ニッソラン水和剤、アリルメート乳剤では認められなかった。
茎頂培養イモ栽培では殺菌剤として銅水和剤、殺虫剤ダニ剤としてニッソランV乳剤にリフレッシュの混用使用で、サトイモの病害虫防除は可能であると思うが、接種または発生条件下で殺菌、殺虫効果の検討が必要である。

Page Top
サイトマップ 個人情報保護に関する規定 お問合せ
Copyright (c) 2009 Softsilica Co. Ltd. All rights reserved. サイトコンテンツの転訳載には許諾が必要です。